経営が困難になった投資マンションは売却して利益を得よう

紙幣

ポイントは2つです

初めて不動産投資を手掛けるのであれば、大都市のワンルームマンションを買うことをお勧めします。なぜならば、大都市のワンルームマンションであれば、少額で不動産投資を始められるうえに、空室リスクが小さいからです。

3社をチェックしよう

マンション経営を行っていくうえで接点のある業者は、マンション販売会社、賃貸管理会社、建物管理会社の3社になります。この3社について、どの会社を選ぶかによって、マンション経営における資産形成にも大きな影響があります。

ポイントを押さえておく

マンション管理会社を利用する場合には、国交省が指針となる契約書を出していますので、理解を深めて利用する事が可能です。複数のマンション管理会社とコンタクトをとりながら、一社に選定し、注意点を契約に反映して取引が開始できます。

経営負担をなくす手段

集合住宅

大きな資金を獲得可能

投資マンションを購入して経営を行ってきたときに、売却を検討するようになる場合もあるでしょう。投資マンションを経営してきた身であればよく理解できるのが、売却によって経営を行わないで済むようになるのがメリットになるということです。投資マンションを購入した時点では業務は業者に委託して任せてしまえば良いと考えたり、サブリースによって一切経営には関与しないと決めたりしていたとしても経営負担はあります。出納管理を行うことや業者との書面のやり取りを行うこと、年度末の確定申告や節税を考えることなどが大変に感じられてしまうことも少なくないのです。これからも運用を続けていけるのかという不安を持つ人もいます。その状況から脱却するための方法として投資マンションを売却してしまうという結論に達する人も少なくありません。特に収入が下がる様子が見えてくると不安になり、このタイミングで売却してしまえば大きな損をすることはないだろうと考える場合もあるでしょう。一方、投資マンションの売却には大きな資金を現金で獲得できるというメリットもあります。住み替えをするための資金が欲しい場合や、病気や怪我などで大きな現金が必要になった場合などに工面することができるのは高額資産であるマンションのメリットです。いざというときに売却できるようにするために投資マンションを獲得しておくという考え方もあるため、売却を常に念頭に置いておくことも大切でしょう。

Copyright © 2017 経営が困難になった投資マンションは売却して利益を得よう All Rights Reserved.