経営が困難になった投資マンションは売却して利益を得よう

積木

3社をチェックしよう

マンション

マンション経営と関連性のある業者はかなり重要な要素です。マンション経営をしていく中で関りがある業者は主に3社です。1社目はマンションの販売会社、2社目は賃貸管理会社、3社目は建物管理会社です。最も接点が多いのは2社目の賃貸管理会社です。賃貸管理会社は賃貸の仲介や入居者の管理等の業務を行ってくれます。空室時の入居者募集も賃貸管理会社が行うため、高稼働率をキープするためには、賃貸事情に詳しい賃貸管理会社を選ぶ必要があります。家賃設定や礼金、敷金の有無などを時期によって使い分ける提案をしてこないような賃貸管理会社は避けるべきです。3社目の建物管理会社はマンション経営を行っていく中で、あまり接点がないイメージがありますが、実はかなり重要な存在です。なぜならば、この建物管理の質によってマンションの資産価値が変わってくるからです。中には管理業務の内容の割には費用が高いケースもあります。このような場合、理事として積極的に建物管理に携わり、建物管理会社と交渉したり、そもそも管理委託契約先を変更したりして、管理費の削減を行えば、収支が改善します。1社目のマンション販売会社については、ブランドそのものです。大手不動産会社が販売しているマンションであれば、築年数が古くても、ブランド力により、平均相場より高い価格で取引される傾向にあります。これら3社の存在を意識しながらマンション経営することで、良質な資産形成ができます。

Copyright © 2017 経営が困難になった投資マンションは売却して利益を得よう All Rights Reserved.